リニューアル

ホームページ色々いらってると

何だかめちゃくちゃになってきて

収拾つかないのでリニューアルした。

もう、何が何だかわからなくなって来て

要らないデータを整理してすっきりした。

やや突貫工事ではあるんですが

今回もかなり勉強になった。

が、どうしてもクリアできなかったのが

mp3再生するところ。

パソコンで見ると大丈夫なのだが、

iosではかなり見栄えが悪い。

iosのわがままに振り回されている。

昨日は車を定期点検に出した。

距離のわりにオイル入れ替えてなくて、

さすがに入れ替えると車がすいすい走る。

新車の頃を思い出す勢いだ。

やっぱりなんでもメンテナンス必要だなどと痛感。

話は変わって、

都知事選は小池さんが勝利した。

鳥越さん、野党連合はいったい何だったんだろうか。

大のいい歳した大人たちが。

石田純一さん、古賀さん、宇都宮さん。

なんか凄くバタバタしてた。

その節操のなさの象徴が鳥越さんという

印象が最後まで残った。

僕が10代だったら

この大人たちの不安定さ危うさを

どう処理したろうか。

若い人たちへの影響を考えてしまう。

しかし、東京都民はしっかりと新たな都知事を

選択したんだと結果を見て感じる。

でもなんか最近変な感じがする。

「ロックは元々反体制なんだ。」とか、

「音楽でみんなが一つになれるから政治も一緒。」

とか言う人もチラチラ出てきて。

具体的な方法と政策ではなく、

「関心を持つところから始まるんだ。」

と言いながら偏ったメッセージを繰り返していく。

情緒的なメッセージで人を率いていく怖さも感じる。

でも取捨選択は自由なので

今回の都知事選のように良識ある判断を

願うばかり。

一大ビジネスとしての音楽業界が終焉に向かい、

音楽はどうなるんだろうか。

より政治信条、左翼思想的な流れも起こるのか。

ついに音楽にも窮屈な時代に入ってきたのか。

こんなんだったら、

ポップカルチャー、ロックビジネスに徹する

音楽シーンの方が健全じゃないかと思う。

仕事で色々あった帰りに

そんな説教くさい音楽がいるのかなぁ。

日々の生活の中にしみこむ音楽が

より厳しい時代には必要だと僕はいつも考えてる。