腫れ物

先日、右耳の下あたりになんか腫れ物ができまして、

なんか痛いけどそのうち治るかなと思い思い

ついついほってましたら、今度は耳の後ろが少し腫れてきた。

あんまり気になるので病院に行って参りました。

悪い病気じゃないだろうか、

ネガティブな状態であります。

待合室で名前呼ばれまして病院の先生と向き合う。

年の頃は僕よりも10歳くらい若いだろうか、男の先生。

でも病院の先生っていくつになっても「先生!」って感じ。

変にお年寄りの先生よりも親身に診てくれそうな気もする。

リンパが腫れて炎症を起こしているとのこと。

根掘り葉掘り色々と僕が質問するもんだから、ちょっと先生困惑気味でしたが。

薬で様子みましょうとのこと。

リンパ弱いみたいです。前から疲れるとすぐ腫れてきます。

そういえば昔、あんまり咳が止まらないものだから病院にいって

「肺炎」ですかね?と聞こうとおもってたのが間違えて「結核」ですかね?

と聞いてしまい、「血吐いたんか!」とびっくりした様子で聞かれたの思い出した。

内の父親は病院で 「前の病院でどんな薬のんでたの?」と聞かれ、

「抗生物質」と答えるところを「抗がん剤」と答えて医者に根掘り葉掘り聞かれたそうです。

遺伝ですか?

自分の結婚式で寝坊するという事件も

親子2代続いてしまっている。

コンドル

昨日は歌ってきました!

osaka bridgeという異種交流会のパーティーでした。

「コンドル」という曲を歌わせて頂きました。

お世話になりました。ありがとうございます!

歌詞が飛ばないか心配してましたが、なんとか歌えました。

僕の出番の後は「OSAKA翔GANG」さんというアイドルグループでありました。

パワフルで僕も楽しみました!良かったです。

今年の夏から活動を始めて、解ってたことですがソロの活動って

結構大変なこと始めてると実感しました。

会場行くのも、リハも、本番も一人って。

ソロでされてる方ってこんな気持ちなんだなぁと実感。

すごいよなぁ。

でもそれが出来ないとダメなんだと思う。まず一人で、それが基本なんだと思う。

仕事も一緒ですよね。

これからはバンド編成でライブにチャレンジをもくろんでおります。

新大阪の会場を出て、帰りに中学の友達がやっているお寿司屋さんに

顔出してから帰りました。

よく寝ました。

会場の皆さんありがとうございました!

「OSAKA翔GANG」さん↓

fish pocket的な状況

いよいよ

いよいよ明日、歌を歌いに行きます。

少し緊張していますが、なんとか想いを伝えようと思います。

「コンドル」という曲を予定。

力強く歌いたいと思います。

喉と体調は悪くないので何とかなるでしょう、と信じて。

やはり年末になってきて色々と忙しくなってきました。

いつも思うのですが年末って気持ちがワサワサします。

気が忙しいのです。

冷静になれば一つづつこなしていけばよいものを

あーあれもこれも、いやいや、あれもこれもやー!

陥ってくる。

こういう時ほど、落ち着かないといけませんね。

テレビで

先日、テレビで見たんですが。

先生が生徒に月一回、生徒にスイーツの差し入れをしているのが紹介され、

良いこととして映されてました。

あーこんな時代になったのかと驚く。

「立場」って今は悪い言葉なのか?

やはり世の中それぞれの立場というものは最終的に

考えないといけないと思う。迎合すれば楽なのは解るけれど。

でも良く聞く言葉として、「俺の立場的にそれはできない。」

とか、言い訳に使われることが多いせいか言葉自体は良いイメージ少ない。

それぞれの立ち位置があって、そこでしなければならないこともある。

それを果たしていれば、いい訳しなくていいのが本当のところ。

野球で言えば、「今日はライトばっかりにボール飛んできてかわいそう。

だから皆ライト寄りに守ろうよ。」

大変なことになっちゃう!

それぞれのポジションをしっかり守る。

立ち位置は違っても、試合に勝ちたいという思いは一つにすること。

そうあって欲しい。

大切なことだと思う。

時間がたって

桑名正博さんが亡くなってしばらく時間が経ちましたね。

僕は20年くらい前にとあるコンテストで賞を頂いたときに

審査員で来られてて握手してもらったことがあります。

「がんばってね。」とすごく優しいオーラに包まれて感動した記憶がある。

その時歌ってくれた「月のあかり」本当に良かったです。

でも他にも一杯いい曲あるんです!

「夜の海」とか「ten years after」「いいヤツ」とか色々。

関西出身のアーティストといえば僕が好きなのは

もんたよしのりさん。

「ギャランドゥ」とかご自身も色んなヒット曲ありますが、

これ以上ない名盤といえる「Hot summer night」

このアルバムは僕にとってかけがえの無い名盤。

全ての曲が素晴らしく、擦り切れるほど聴いてました。

メロディー、アレンジも素晴らしいけども作詞も素晴らしいです。

麻衣奈さんという方の作詞の雰囲気は大好きです。

何しかこのアルバム、ミュージシャンとしての凄みみたいなの感じました。

ボーカリストとしてはいうまでも無くすごい。

「アデュー」という曲が特に好きです。

僕がボーカルの練習始めた頃、BOOWYが全盛期でして、

みんなそれ一色だったのですが、僕は「Hot summer night」の曲で

個人練習してました。周りにそんな人いなかったですが。

もっとこういう音楽をフューチャーできるチャンネル欲しいなぁ。

聴き応えあると思う。

あとアルバムは違うけど「IT’s RAIN」も名曲。

お会いしたこと無いけど、もんたよしのりさん、ちょっと怖そうですが(笑)

YOUTUBEにありましたので貼っときます。

エフェクターボード

以前に注文していたエフェクターボードが届いて、

セッティングしてみた。

ほぼ高校生の頃のセッティングと同じだ。

今は安くて本当にいいものが手に入る。

使いやすそう。

後は腕だけか?

このベリンガーのヴォリュームペダルは安いけどしっかりできてる。

歪み系はオーバードライブとあとディストーション、両方BOSS製のがあるので
もうこれでいいかな。

コーラス、ワウ、ディレイであとはいらないかな。
あんまり繋ぐとノイズの元だし。

週末に曲は3曲書いたけど、とりあえず来年まで置いておこう。

$fish pocket的な状況-エフェクター

それから

会合続きですが、

相変わらず「パブロン」でなんとか体調を維持しています。

もうそろそろ、インフルエンザの予防接種うける人もおられるようです。

僕は中々縁が無いんですけども。

以前にインフルエンザかかりまして、B型のインフルエンザでした。

予防接種はA型のためかかってしまい、受けても一緒だと思い、足が遠のく。

しかし、周りに説得されて病院へいくも発熱し、接種せず帰ってきてしまった。

あれから3年は受けていない。

今年は受けよう!!

なんでそう思うのか解らないけれども、受けよう!

今はなんか喉の調子が悪い。

朝、出勤の車の中で「タマコウォルズ」の「トニー!トニー!」

という曲を歌うのを日課としている。いい曲だ。

自分の喉の調子もトニー、トニーって歌うと良くわかる。

今日は早く寝よう。

一段と

一段と寒くなってきています。

今週、月曜日はくじら料理を食べてきました。

大変楽しい会でしたが、日曜日から連日でしたので少し疲れたのか。

喉が痛い!

うーん少し寒気もすると思ったら、シャツがクールビズであったことに
気づく。

まだ大丈夫なので早めのパブロンを飲むことにした。

そう、的場家は「パブロン」信者なのだ。

少し体調に異変を感じると「パブロン、パブロン」と騒ぎ出す。

ずっと竹下景子さんがCMしてたのが最近、松嶋奈々子に代わってしまって、
かなりのダメージを受けたが、それでもやはり「パブロン」なのだ。

「パブロン」を信じることは大事だ。その気持ちで治ることが多い。

さっきも飲んだところだ。

おそらく体調は持ち直すだろう。

さぁ選挙が近いようだ。
連日、ニュースでは色々言い出している。

そろそろ景気対策をしてもらいたい。
税金の取り方をいくら考えても、経済が縮小すれば
復興にしても体力が及ばない。

風邪をひいてる人間に手術するようなものだ。

取るだけとって手当てとか恩着せがましい。

体調が良くなれば取り返す働きをしようと思うのが人間なのだ。

資源のある国と勘違いしているのではと思うこと多いですから

経済を盛り上げないとぜーんぶ、絵に描いた餅になっちゃう。

京都

昨日は京都へ行ってきました。

なかなか風情のあるところで食事させていただきました。

行き帰りはバスだったんですが、その帰り「ビンゴ」大会が
バスの中で開催されました。

今までビンゴは当たった事無いんです。

本当にないんです!

僕は雨男で、いつもなんで降るのかと思うのですが、

ビンゴも絶対に当たらないんです。

しかし、しかし、昨日最後の最後の景品で「ビンゴ」したんです!

普通の方はなにをそんなに、とお思いでしょうが。

景品がどうより、ビンゴしたこと!それこそが奇跡なわけです。

よかったー、ほんとよかったー!

自分の運命運勢も変わっていくのですか?(新喜劇)

聞くとこちゃうか。

以上、嬉しかったことです。

昨日はすごい雷

昨日はすごい雷でした。

しかも、真夜中に!4時頃でしたか、

我が家の至近距離にドカーン!!と、ミサイル攻撃が来た!と思った。

当然、停電。

道路の信号も消えておりました。

本当にこの21世紀の世の中でも、何時どこに何万ボルトの電気に
やられるかわからないとは、自然の力は人間の及ぶところではない。

正直に申し上げて、怖かった。

今日はテレビでU2のドキュメント番組あって見ました。

音楽に対する想いや姿勢、産みの苦しみがすごかったです。
音楽ってやはりいい加減にも作れるし、ストイックにも作れる、
それだけにその人自身が完全に表に出てきてしまうものですね。

うーん、すごかった。

少しだけ、デビットボウイもワンシーン出てきまして、
おおー!と感激もありました。